アリの結婚飛行

e0142611_20393855

アリはせっせと働くイメージがあります。

オスアリもメスアリも一緒になって働いているイメージですがそんなことはありません。

メスアリがほとんどなのです。

オスのアリは巣が大きくなって新女王が新しい巣を作り始めるための巣別れの時期だけにでてきます。

体の大きな新女王アリを見つけて、必死に自分の子孫を残そうとする姿は感動的ではありますが、もしここで交尾できなければ、子孫を残すこともできませんから、なんとも厳しい世界です。すぐ死んでしまいますから。

では、ここで、4枚の写真で状況を見ていきましょう。

e0142611_20393855

このオスは見事に交尾に成功し、自分の子孫を残すことに成功したラッキーな一匹です。この新女王アリは、大きく目立ちますから、できるだけ早く安全な場所に隠れる必要があります。そのために邪魔なのがこの大きな体を運ぶためについている立派な4枚の羽です。
e0142611_20395840

精子を受け取ればオスも必要ありませんから、体をひねって、オスも羽も振り落としてしまうのです。すごいことです。

e0142611_20395091

簡単に羽が取れてしまうのはなんとも不思議です。

e0142611_20402643

中にはこんな状態で飛行してきたものもいました。2匹のオスに求愛されています。オスも必死です。でも、実はすでに交尾も終了し、羽だって落とした後ですから、このどちらかのオスは全く不要なオスということになります。なかなか現実は厳しいです。

 

About the Author

No comments

Leave a Reply