カレー香辛料

シャーレ標本 カレーの香辛料

きっと嫌いな人がいないのではないかな?と思うほど、みんなが大好きなカレー。

国によって微妙に違うけれど、カレーはカレー。

じゃあ、カレーは何からできているのかな?
って子どもに聞いたら、スーパーに売っている「カレーのルー」って答えそうな気がするんだけど・・・

実はカレーはさまざまな香辛料(スパイス)が合わさってできています。

つまり、植物!

人間は植物の葉っぱや種や根などを上手に使ってカレーを作り上げてきたんだ。

もとになっている香辛料は、個別に食べても全然カレーじゃないのに、混ぜるとカレーに大変身する。

カレーの香辛料は何十種類もあって、魚介系や肉系や野菜系などメインの材料によっても組み合わせがたくさんあるそうだよ。

今回のワークショップでは、
さまざまな香辛料を触って、香りを嗅いだり、味を試したりしながら、自分だけのシャーレ標本をつくります。

代表的な香辛料とそれぞれの解説を聞き、香辛料をめぐる歴史や社会背景も含めて学べる場です。

帰るときには、どうしてもカレーが食べたくなっちゃうはず!

【ワークショップ情報】
 2016年1月9日(土)10日(日)
 両日とも10時30分より約90分 (受付開始10時)
 参加費用 1,080円(税込) 当日、ハンズの会場でお支払いただきます。
 各回定員 10名
 *小学校高学年を対象とした内容となっていますが、どなたでもご参加いただけます。

 お申し込みは、東急ハンズのWEBから
(12月26日受付開始)

●写真は準備中の試作シャーレ
カレー香辛料

こんな素敵なシャーレ標本、絶対にほしい!

1ヵ所抜けているのは何なんだ?(正解は会場でどうぞ)

なんで定員10名しかダメなの!?(会場が狭いので、ごめんなさい)

26日に速攻で予約しなくっちゃ!

応援クリックよろしく(1日1回有効)

人気ブログランキングへ

tanobaraサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。